「粉飾決算の東芝」もう一度、「粉飾決算の東芝」

言葉を換えれば許されるとは思っていないだろうが、「不適切な会計処理」ではない。「粉飾決算の東芝」である。赤字額が7000億規模に膨れ上がるといわれているが実際は「ウェスチングハウス」ののれん代を計上していないし、すべてを調査したわけではないので「氷山の一角」となりうるかもしれない。洗いざらいすべてを第三者が調査した場合、計り知れないほどの赤字額いや、即破綻となりうる規模なのかもしれない。残念ですが今後この企業の製品を購入する気にはなれないところが現実である。

失うものは何もない!シャープ、機構を蹴って「鴻海」へ膝まずく

どう考えても鴻海案が正当な支援と受け取れる支援策。機構は国民の税金なんで、「救済色」は出せないため支援額にも限界があるし、社長等の辞任も当然要求する必要があるが、鴻海にはそんなものはない。とにかく事実上本体丸ごと手に入れてしまってから考えればいいので有利。シャープ役員も銀行団も当然こちらのほうがいいに決まっている。昔なら考慮の余地があったが今のシャープには失うものは何もないんでなりふり構わずで選択できる。でもまた「当社が発表した事実はない」っていうのか???